小池百合子のTwitterは中の人がいる?乗っ取り、誤爆と話題に

政治

2022年4月6日、そして4月7日、東京都知事の小池百合子さんが、Twitterで急にキャラ変した、と話題になっています。

これまで、小池百合子さんはTwitterでは淡々とした文章を投稿していましたが、4月6日のツイートで、突然ラフな文体で投稿されました。

このキャラ変(キャラクター変更)とも言えるツイートに、ネット上では色々な憶測が飛び交いました。

 

そこで今回は、

 

「小池百合子のTwitterには中の人がいるの?」

「小池百合子のTwitterが乗っ取られた?」

「小池百合子がTwitterで誤爆した?」

 

といった疑問について、詳しく見ていきたいと思います。

 

小池百合子さんのTwitterとは

東京都知事である小池百合子さんは、都知事という立場もあり、Twitterでは都民に向けてのメッセージを発信しています。

 

 

 

これらのツイートは、いずれも東京都知事という立場らしく、淡々とした文体でした。

しかし4月6日、小池百合子さんが突如、このようなツイートをしました。

 

 

「おう。。」という言葉は、今までと、あまりにも違うラフな文体ですよね。

また7日には、このようなツイートをしています。

 

 

「なのだ」という、日常の中では使いそうにない口調でのツイートも、とてもラフですね。

これらのツイートから、ネット上では「キャラ変」「乗っ取り」「中の人(Twitter専門の別人)の誤爆」と話題になっています。

 

小池百合子さんのTwitterは中の人がいる?

小池百合子さんの今までのツイートからの変わり様から、ネット上では、小池百合子さんのTwitterには中の人(Twitter専門の別人)がいるのでは、と話題になりました。

そういった意見について、小池都知事の元秘書で、都民ファーストの会の尾島紘平議員は、こうツイートしています。

 

 

ハッキリと「中の人」などいません、とおっしゃってますね。

元々こんな感じだと言われると、東京都知事としての小池百合子さんから想像が付きませんよね。

また、前から中の人がいると思っていたTwitterユーザーも多いようで…

 

 

 

 

 

といったツイートも見受けられました。

 

小池百合子さんのTwitterが乗っ取りを受けた?本人が誤爆した?

小池百合子さんのTwitterに、中の人がいない場合、もうひとつ考えられる可能性が、乗っ取りです。

 

 

乗っ取りを受けた事で、普段と違う文体でツイートをしてしまった、という可能性も捨てきれません。

だとしても、乗っ取りを受けたなら何故その事について発表をしないのか?

疑問が残りますし、何事もなく進行している辺りから、可能性としては低いかもしれません。

 

小池百合子さんがTwitterで誤爆した?

小池百合子さんは、実は東京都知事とは別に、プライベート用の裏アカウントを持っているのかもしれません。

その為、プライベート用のツイートを、都知事アカウントの方に誤爆した、という可能性も出てきます。

ですが、

 

 

ツイートの内容を見るに、文体はともかく内容は都知事じゃないと合点がいかない内容です。

そう考えると、誤爆の可能性も少ないのではないでしょうか。

とはいえ、本人だとしても、疑問は残る文体でもありますね。

 

小池百合子さん「次は『あい。』でいきたい」

2022年4月8日、小池百合子さんが「おう。」などのツイートについて、言及しました。

 

「そこまで細かくは考えておりません(笑)。一つひとつの言葉でこれだけ注目していただいているのは、平和な日本だからかなと思います。次は『あい。』でいきたいと思います」

 

誤爆、乗っ取りなど色々疑惑が出ていましたが、結論としてご本人のツイートだったとの事でした。

ぜひとも、次のツイートでは「あい。」と呟いてほしいですね。

 

まとめ

今回は、小池百合子さんのツイートに中の人がいるのか、乗っ取りを受けたのか、誤爆したのか、といった事について見てきました。

小池百合子さんの、普段とは違う新たな一面を見れましたね。

 

個人的には、ぜひ今後もこの文体でツイートしてほしいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました